カップル

引越しは安い料金で探すのが鉄則|費用をグッと抑えよう

新居での人間関係を考えて

男女

どの範囲に顔を出すべきか

引越した後には、ご近所さんにご挨拶をするべきです。円滑な人間関係を構築するきっかけとして非常に重要だからです。最近はご近所付き合いが希薄になっていると言われており、挨拶をしないという方もいるかと思いますが、マナーとして、また何かあったときに助けてもらうためにも挨拶くらいはしておいた方がよいです。挨拶するタイミングは、引越当日が基本とされます。引っ越し作業が始まるとトラックが駐車したり、騒音がしたりと近隣の迷惑になります。そのため作業開始前には挨拶を一通り済ませておきたいです。予定に余裕があるのなら、引越前日までに挨拶を終えておくと安心できます。挨拶する範囲については、一戸建てであれば向こう三軒両隣が基本です。すなわち新居の両隣と向かい側にある3軒に伺います。この範囲は日常生活において顔を合わせる機会が多いと考えられますので、早いうちに顔なじみになることには大きな意味があります。町内会の会長さんにも挨拶しておくと、日常生活で必要な情報を教えてくれるかもしれません。マンションなど集合住宅への引越ならば、自分の部屋の上下左右の部屋に伺いましょう。左右の部屋はよく会うと考えられますし、上下については生活音でご迷惑をかけるかもしれないという配慮のためです。ただ、マンションによっては1人暮らしが多くて、なかなか住人を捕まえられないことがあります。そのようなときには、何度も訪問するのも大変ですし、文面での挨拶としても良いでしょう。